「集中プロパン」と「個別プロパン」の違いって?集中プロパンの知りたいこと全部解説

「集中プロパン」と「個別プロパン」の違いって?料金は?メリットは?集中プロパンの知りたいこと全部解説

 

引越しの際などに、不動産屋から「ここは集中プロパンを使っているので、都市ガス並みに安いですよ」と言われることがあります。

 

 

集中プロパン?耳慣れない言葉ですよね。

 

 

都市ガス並みに安いって本当かなぁ?プロパンガス会社の裏側(トップページ参照)を知っていると、簡単には信用できません。

 

 

このページでは、

集中プロパンって何?

というところから、

集中プロパンは本当に安いのか

もっと安くできる方法はないのか

というところまで徹底解説します!

 

 

プロパンガスのガス会社は自由に変えられることをご存知ですか?

実はプロパンガス(LPガス)の料金は、ガス会社によって驚くほど違います。



不当に高いガス料金を設定している悪徳業者も多いので、

プロパンガス利用中の方、これから利用する方は無料のガス会社比較・乗り換えサービスを利用してみることをおすすめします。



>>プロパンガス料金の調査・優良ガス会社への乗り換え手続きまですべて無料!まずはガス屋の窓口へ相談がおすすめ<<



プロパンガス会社の裏側から、プロパンガスを安く(適正料金で)利用するための方法については下記ページで解説しています。


ガス自由化!LPガス(プロパンガス)会社比較なら「ガス屋の窓口」がおすすめ!


 

 

集中プロパンとは?

 

集中プロパンとは、特定の範囲内にある家庭や工場などで使われるプロパンガスを、一カ所から供給する方式のことを言います。

 

集中プロパンは、供給元となる設備の種類によって、さらに2つの供給方式に分類されます。

 

 

集中プロパンの分類① 集中供給方式

 

団地の一角などに「容器収納庫」を設置し、そこから、ガス管を通して各家庭などへガスを供給する方式です。

 

容器収納庫の中には、LPガスボンベが複数設置されます。

 

そのため、各家庭にガスボンベが設置されている場合よりも、ガスボンベの交換が効率的でコスト削減につながります。

 

 

この場合のガス管は、都市ガスと同じように地中に埋め込んでいます。

 

 

集中プロパンの分類② バルク供給方式

 

集中プロパン,個別プロパン,違い,比較,料金,メリット

 

 

「バルク貯槽」という、ガス貯蔵用のタンクを設置し、そこから、ガス管を通して各家庭などへガスを供給する方式です。

 

バルク貯槽は容積が大きく、大量のガスを貯蔵しておくことができます。

 

また、バルクローリーという車両を使って、バルク貯槽に直接LPガス(プロパンガス)を充てんすることができます。

 

集中供給方式と比べても、複数のLPガスボンベに充てんする必要がないので、運搬や充てんのコストをさらに下げることができます。

 

 

また、バルク貯槽は「地上式」と「地下式」の2種類の設置方法があり、設置場所の状況に応じてどちらかを選ぶことができます。

 

 

この場合のガス管も、都市ガスと同じように地中に埋め込んでいます。

 

 

「集中供給方式」と「バルク供給方式」はどちらが良いか

 

バルク供給方式の方が、一度に輸送できる量が多く、供給の手間も少ないため、より低コストで済みます。

 

バルク貯槽の設置場所を地下にすることも可能なので、設置場所の融通も利きやすいメリットがあります。

 

 

バルク供給方式は元々、工場などの大量にLPガス(プロパンガス)を使う事業者向けの供給方式でしたが、

 

平成9年の法改正以降、一般家庭でも使えるようになりました。

 

これからさらに普及していくのが期待されていますが、現在のところはまだまだ、各家庭にガスボンベを設置する「個別プロパン」が主流です。

 

 

「集中供給方式」と「バルク供給方式」は選べる?

 

平成9年のLPガス(プロパンガス)自由化以降、ガス会社を自由に選べるようになっています。

 

そのため、「集中供給方式」を採用しているガス会社と「バルク供給方式」を採用しているガス会社があれば、どちらかを選ぶ(乗り換える)ことができます。

 

しかし、集中供給方式・バルク供給方式ともに、ガスを貯蔵している場所から自宅までガス管を引く必要があるため、貯蔵場所が遠い場合は契約するのも難しいでしょう。

 

 

集中プロパンと個別プロパンの違いは?

 

LPガス(プロパンガス)と聞いてイメージするのは、各家庭にガスボンベを設置するタイプが一般的だと思います。

 

その一般的なタイプが「個別プロパン」です。

 

各家庭にガスボンベを設置して、使ったらボンベごと交換するという供給方式です。

 

 

それに対して、特定の範囲内の利用者分をまとめて一カ所に設置するのが「集中プロパン」です。

 

 

集中プロパンのガス料金

 

集中プロパン・個別プロパンともに、プロパンガスのガス料金はガス会社ごとに大きく違います。

 

はっきり言ってしまえばボッタクリの会社が多い業界なので、きちんと適正料金で提供している会社と比べて月額で何千円も変わってくる場合があります。

 

この辺りの事情はトップページの解説をご覧ください。

 

 

冒頭にも書いていますが、集中プロパンは都市ガス並みに安いと言われることがあります。

 

仕組み的に言えば、個別プロパンよりも集中プロパンの方が運搬や供給にかかるコストが少ないですし、そもそも本来はLPガス(プロパンガス)も都市ガス並みの料金で提供できるはずなんです。(本当は都市ガス並みの料金で提供できるのに悪徳なプロパンガス会社同士が価格競争にならないように手を組んでしまっている⇒トップページ参照)

 

しかし現実は、適正価格を無視した料金設定をしているLPガス(プロパンガス)会社が多いため、集中プロパンであっても、実際にガス会社に問い合わせて料金を確認してみないことには本当に安いかどうかも分かりません。

 

集中プロパン,個別プロパン,違い,比較,料金,メリット

 

上の表がLPガス(プロパンガス)と都市ガスの料金相場の比較です。

 

集中ガスであれば、本来はこの表の都市ガス並みの料金となるはずです。

 

ガス会社に確認してみて、それよりも高い場合は、せっかく集中ガスなのに料金的なメリットが少ないと言えます。

 

 

集合住宅よりも戸建の方が安くなりやすい

 

アパート・マンションなどの集合住宅でプロパンガスを利用する場合は、敷地内に「容器収納庫」や「バルク貯槽」を設置して集中プロパンにすることが多いようです。

 

それに対して、戸建の場合は各戸にガスボンベを設置する個別プロパンが使われる場合が多いですが、その地域である程度まとまった利用者数がいれば、集中プロパンが使われることもあります。

 

 

集合住宅の場合は、元々集中プロパンしか選択肢がない場合も多いため、優良なガス会社以外はあまり割引せず、個別プロパンの相場と変わらないか、むしろ高くするようなケースも多いようです。

 

戸建の場合は、ある程度メリットを出して利用者を集めないと集中プロパンにできないため、個別プロパンよりも料金を安く設定するガス会社が多いです。

 

 

70戸以上に供給する集中プロパンの場合は法律が変わるため安くなる

 

集中プロパンの中でも、70戸以上にガス供給する場合は、「ガス事業法」という法律に定められている「簡易ガス事業」の許可を経済産業省から受ける必要があります。

 

料金についても法律の制限を受けるため、70戸以上の集中プロパンの場合は、一般の料金よりも安くなります。

 

 

集中プロパンと都市ガスはどちらが良い?

 

まず、プロパンガスと都市ガスを比較すると、下記のようなメリット・デメリットがあります。

 

都市ガスと比較した時のプロパンガスのメリット

 


  • ガス管が通っていない地域でも使える
  •  

  • ガス管を利用しないため災害時でも復旧が早い
  •  

  • 発熱量が多い(火力が必要な料理屋などではプロパンが選ばれる)

 

 

都市ガスと比較した時のプロパンガスのデメリット

 


  • 利用料金が高い
  •  

  • 都市ガスより爆発・燃焼を引き起こしやすい

 

 

集中プロパンでも個別プロパンでも、基本的には上記のメリット・デメリットは変わりません。

 

付け足すとすれば、集中プロパンであれば個別プロパンより安くなりやすいという点でしょうか。

 

 

メリット・デメリットはありますが、一般家庭であればやはり一番気になるのは料金面だと思いますので、

もしプロパンガスと都市ガスのどちらも選べる環境なのであれば、料金が安い都市ガスの方がメリットが大きいと思います。

 

 

集中プロパンとオール電化はどちらが良い?

 

新しく家を建てる方などで、集中プロパンとオール電化のどちらにするか迷っている場合もあると思います。

 

これも判断が難しいところで、自分の家庭で使う用途・エネルギー量などから総合的に判断する必要があります。

 

 

ただ、比較する際にはきちんと優良なガス会社の料金と比較する必要があります。

 

複数のLPガス(プロパンガス)会社を自分で比較するのはかなり大変ですし、優良な会社かどうかの見極めも素人目にはなかなか出来ません。

 

地域最安値の優良プロパンガス会社を無料で比較・紹介・乗り換え手続きまでしてくれる「ガス屋の窓口」というサービスがあります。

 

こうしたサービスも使って、しっかりと比較検討するのがおすすめです。

 

 

プロパンガス利用中の方・これから利用する予定の方はガス会社の一括比較がおすすめ

 

集中プロパンでも個別プロパンでも、プロパンガスの料金はガス会社によってバラバラです。

 

適正料金で提供している優良ガス会社であれば、都市ガス並みに安い料金で使うことができますが、適正料金よりも毎月何千円も高い料金を設定しているところもあります。

 

 

現在プロパンガスを利用中の方も、これからプロパンガスを利用する方も、プロが地域最安値のプロパンガス会社を無料で比較・紹介・乗り換え手続きまでしてくれる「ガス屋の窓口」で、優良プロパンガス会社を見つけるのがおすすめです。

 

 

 

>>プロパンガス料金の調査・優良ガス会社への乗り換え手続きまですべて無料!まずはガス屋の窓口へ相談がおすすめ<<

 

 

 

ガス屋の窓口については、下記で詳しく解説していますので、これからLPガス(プロパンガス)を利用する方、安いLPガス(プロパンガス)会社に乗り換えたい方はぜひご覧ください。

 

 

ガス屋の窓口とは?


集中プロパン,個別プロパン,違い,比較,料金,メリット


株式会社エネジスタが運営している、LPガス(プロパンガス)会社を案内~実際にガス会社の乗り換え手続きまでをすべて代行してくれるサービスが「ガス屋の窓口」です。



運営会社の株式会社エネジスタは、東京都港区に本社、静岡県浜松市に中部支社を置く、プロパンガス取扱業専門の会社です。


一般利用者には分かりづらいLPガス(プロパンガス)業界の仕組みを知るプロとして、多くのLPガス(プロパンガス)会社と提携し、

私達たちのようなLPガス(プロパンガス)を使う利用者と、その地域で使えるLPガス(プロパンガス)会社を「適正価格で」結びつけることをミッションとして、株式会社エネジスタが始めたサービスが「ガス屋の窓口」です。





ガス屋の窓口のサービスが2分で分かる動画が公開されました!


下記の動画で、ガス屋の窓口の料金プランナーさんがサービス内容を解説してくれていますので、ガス屋の窓口のサービス内容や、申し込み~ガス会社乗り換え完了までの流れを知りたい方は見てみてください。


※音が出ます




ガス屋の窓口のメリット


ガス屋の窓口のメリット① 相談からガス会社変更手続きまですべてを代行してくれる


LPガス(プロパンガス)会社を変更するには、現在の利用料金と他社料金を調べて比較し、サービス内容もしっかりと把握する必要がありますし、乗り換えを決めても解約前の引き留めにあったりと、かなり面倒なことが多いのが現実です。


ガス自由化されていて、利用者がガス会社を自由に選べるようになっているにも関わらず、なんでこんなに面倒くさいのかと思ってしまうようなことが多々あります。



「ガス屋の窓口」では、手間がかかる作業をすべて代行してくれます。


具体的には、


  • 現在のLPガス(プロパンガス)料金が高いか安いかを診断
  • 地域ごとの適正料金と現在の料金を比較
  • 適正価格で提供している優良なガス会社を紹介、条件交渉
  • 乗り換えが決まった際は利用中のガス会社の解約手続き
  • 乗り換え後にも不当な値上げがされることがないよう、「永久料金監視保証」と「1年間の返金保証」

など、これらを私たち利用者にかわって代行してくれます。



ガス屋の窓口のメリット② 相談からガス会社変更手続きまですべて無料


ガス屋の窓口は、すべて無料で利用できます。


私たち利用者が乗り換えた先のLPガス(プロパンガス)会社からガス屋の窓口に支払われるインセンティブが、ガス屋の窓口に入る利益になるため、相談から実際の変更手続きの代行に至るまですべてのサービスが無料で受けられます。



ガス屋の窓口のメリット③ ガス会社乗り換え後のアフターフォローも万全


メリット①で挙げた、「ガス屋の窓口」が代行してくれるサービスの中でも、特に「ガス屋の窓口」だけのメリットとも言えるのが、ガス会社乗り換え後のアフターフォロー(「永久料金監視保証」と「1年間の返金保証」)です。



他のガス会社仲介サービスの場合、乗り換え直後は安いものの、その数か月から1年程度で値上げされ、結局乗り換え前の料金と変わらなくなってしまったというケースもあります。


その点、ガス屋の窓口では「永久料金監視保証」でずーっと不当値上げがされないかを監視、もしされた場合はガス屋の窓口がガス会社と交渉してくれる上、もしそれでも値上げが行われる場合は、その時点での地域最安値のガス会社への乗り換え手続きを代行してくれます。


さらに、不当値上げではなく、原油価格の高騰や急激なインフレなどの正当な理由による値上げであっても、「1年間の返金保証」がついています。



料金保証で安心!最適なガス会社の提案はこちら



ガス屋の窓口のメリット④ 独自のイエローカード制度によって選別された優良ガス会社のみを紹介してくれる


ガス会社の中には、不当な値上げを行ったりする悪質な業者もいます。


「ガス屋の窓口」では、一定以上のサービス水準を満たし、さらに不当な値上げを行わないことに賛同したガス会社のみを選別し、紹介してくれます。


素人目にはわからないLPガス(プロパンガス)会社の良し悪しを、プロの目で選別した優良ガス会社のみを紹介してくれるのが、「ガス屋の窓口」を利用する大きなメリットです。



プロが選んだ優良ガス会社をご案内【ガス屋の窓口】



ガス屋の窓口のメリット⑤ 地域最安値のガス料金を案内してくれる


LPガス(プロパンガス)の利用料金は、地域ごとに相場も違えば、最安値も違います。


それどころか、同じガス会社を使っているのに、隣家と料金が違うということさえあります。



「ガス屋の窓口」のメリットは、提携している優良ガス会社が多数あり、その中から地域最安値の料金を案内してくれることです。


地域の最安値であっても、適正価格よりも高いのでは意味がないですが、ガス屋の窓口は適正価格も同時に案内してくれますので、納得してガス会社を乗り換えることができます。



ガス屋の窓口のメリット⑥ 住居形態(戸建て・集合住宅)、持ち家、物件のオーナー、店舗など様々な住居に対応


「ガス屋の窓口」は、持ち家の場合はもちろん、賃貸住宅のオーナーや、店舗の経営者など、様々な方が利用できます。


賃貸物件の場合など、オーナーが色々なガス会社に交渉するのは大変ですが、ガス屋の窓口に一任すれば無料で最安値のガス会社が見つかります。




ガス屋の窓口のデメリット


ガス屋の窓口のデメリット① 対象エリアが限られている


ガス屋の窓口の唯一のデメリットといえるのが、対象エリアが限られていることです。


ガス屋の窓口の対象エリア

 


関東・甲信越エリア 茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・東京都・神奈川県・千葉県・山梨県
東海エリア 静岡県・愛知県・岐阜県・三重県
九州・東北エリア 福岡県・宮城県

上記エリア以外は、残念ながら「ガス屋の窓口」の対象エリア外となってしまいます。



「ガス屋の窓口」を実際に利用した方の口コミ・評判


ガス屋の窓口利用者の口コミ・評判① ガス会社を変えただけで4500円も安くなって驚き!


集中プロパン,個別プロパン,違い,比較,料金,メリット


LPガス(プロパンガス)利用者の中には、地域ごとにガス会社が決まっていて、乗り換えできないと思っている方も多いようです。


ガス会社を乗り換えただけで、年間50000円以上も安くなったという驚きの声もあがっています。



ガス屋の窓口利用者の口コミ・評判② 解約手続きも全部代行してくれるからカンタン


集中プロパン,個別プロパン,違い,比較,料金,メリット


自分で手続きする場合、解約するのもなかなか大変だったりします。


中には、電話で解約の意向を伝えたのに、業者が手続きをしてくれなかったという体験談もありました。


ガス屋の窓口では、利用中のLPガス(プロパンガス)会社の解約手続きもすべて代行してくれるため、私たち利用者側の手間がまったくありません。



ガス屋の窓口利用者の口コミ・評判③ 料金保証があるから乗り換え後も安心


集中プロパン,個別プロパン,違い,比較,料金,メリット


乗り換え直後は安い料金だったけれど、数か月もしないうちに値上がりするような悪質なガス会社もあります。


ガス屋の窓口では、独自のイエローカード制度で選別した優良ガス会社だけを紹介してくれる上、料金保証もあるため安心して利用できます。



ガス屋の窓口利用者の口コミ・評判④ 他社で断られたけどガス屋の窓口で対応してくれた


集中プロパン,個別プロパン,違い,比較,料金,メリット


他のガス会社比較サービスで断られた方も、ガス屋の窓口を使って乗り換えできています。



ガス屋の窓口利用者の口コミ・評判⑤ 利用中のガス会社と貸与契約があっても乗り換えられた


集中プロパン,個別プロパン,違い,比較,料金,メリット


無償貸与契約」という、LPガス(プロパンガス)の独自制度を理由に、ガス会社から解約を拒否されることもあるようです。


しかし無償貸与契約を締結するには、本来は契約時にしっかりと内容の説明を行う必要がありますが、実際にはきちんと説明をしていないガス会社も多いです。


ガス屋の窓口では、ガス会社との交渉もすべて代行してくれるため、契約内容に不安のある方でも安心して利用できます。




ガス屋の窓口を利用してLPガス(プロパンガス)会社を乗り換える手順


集中プロパン,個別プロパン,違い,比較,料金,メリット



集中プロパン,個別プロパン,違い,比較,料金,メリット


①-1 まずは「ガス屋の窓口」のホームページへアクセスします。 ⇒ ガス屋の窓口ホームページはこちら



①-2 ページ下部の「お問い合わせフォーム」にお名前・電話番号・住所を入力して送信します



集中プロパン,個別プロパン,違い,比較,料金,メリット


②-1 ガス屋の窓口から折り返し連絡があり、現在の料金について等のヒアリングがあります。また、相談したいことがあればなんでも訊いてみましょう。



②-2 ヒアリングの結果を踏まえた上で、地域最安値の優良ガス会社をいくつか提案してもらえます。その中から気に入ったガス会社を選びます。



集中プロパン,個別プロパン,違い,比較,料金,メリット


③-1 選んだガス会社からの連絡を待ちます。



集中プロパン,個別プロパン,違い,比較,料金,メリット


④-1 選んだガス会社と、サービス内容・料金・設置スケジュールなどを確認し、問題なければ申し込みします。



集中プロパン,個別プロパン,違い,比較,料金,メリット


⑤-1 選んだガス会社の設置日に立ち会います。



⑤-2 設置が完了したらガス会社の乗り換え完了です。



集中プロパン,個別プロパン,違い,比較,料金,メリット


乗り換え前のガス会社の解約やガス器具の撤去については、新しいガス会社が手続きを代行してくれるので、私たちは何もする必要がありません。


通常だと、自分でガス会社に解約を申し入れる必要がありますが、その際に、引き留めがあったり、悪質なガス会社だと私たち消費者には分かりづらい契約内容を盾に解約にかかる費用を請求されることもあります。


その点、ガス屋の窓口では、元のガス会社の解約も新しいガス会社の契約もワンストップで代行してくれて、しかも費用は無料ですので、安心してガス会社の乗り換えができます。




実際にガス屋の窓口を利用した場合の、申し込み~ガス会社乗り換えまでの流れは、下記で動画でみることができます。


ガス屋の窓口の料金プランナーの方が、2分程度で解説してくれていますので、一度見てみると申し込みの流れが理解しやすくなると思います。




ガス屋の窓口のよくある質問


ガス屋の窓口への疑問・質問に、下記動画で回答・解説してくれています!


3分程度の動画ですが、一度見てみると、ガス屋の窓口のことがよく分かりますのでおすすめです。




以下、動画で解説されているQ&Aの内容です。


申し込み~ガス会社乗り換え完了までにかかる期間は?

最短7営業日で乗り換え可能です。



LPガスって安くなるの?

平成9年のLPガス(プロパンガス)自由化以降、消費者がLPガス会社を選べるようになりました。

しかし、自由化されたこと自体を知らない方が多く、LPガス会社を乗り換える方が少ないため、LPガス会社同士の価格競争が起こらず、高いガス料金を支払い続けている方が多いのが現状です。

そこで、ガス屋の窓口を利用することで、最適なLPガス会社に乗り換えでき、料金を下げることが可能になります。



何でガス屋の窓口に頼むとガス料金が安くなるの?

ガス料金は、同じガス会社であっても、世帯によって単価が違います。

しかし、個人がガス会社に対して、料金の交渉をすることは難しく、高い料金を支払い続けてしまうケースが多いです。

ガス屋の窓口を運営する株式会社エネジスタでは、グループ全体で8万世帯の実績があるためガス会社に対して交渉力があり、89社の提携ガス会社から消費者に優位な価格を引き出すことが可能です。



ガス屋の窓口を利用してガス会社を乗り換えた場合、料金・費用は発生しますか?

一切かかりません。ガス屋の窓口を利用して、ガス会社の乗り換えを行った場合、乗り換え前のガス会社・乗り換え後のガス会社・ガス屋の窓口のいずれにも、通常のガス利用料以外の料金・費用は一切発生しないので安心です。



契約後に値上がりすることはありますか?

通常、ガス価格は頻繁に値上げされることもあります。

しかし、ガス屋の窓口を利用した場合は、業界初の「一年間返金保証」と「永久料金監視保証」によって、ガス業界全体の値上げに対しても1年間は返金保証がつき、ガス会社による不当な値上げがあった場合には、ガス屋の窓口がガス会社への交渉をし、通告が聞き入れられない場合には条件の良い他社への乗り換えを提案してくれます。



ガス会社変更後、サービスに不満があった場合、対応してもらえますか?

ガス料金やサービス内容について不満があった場合、解消するまで、最適なガス会社を提案してもらえます。



「ガス屋の窓口」期間限定の特典 10000円キャッシュバックキャンペーン実施中


期間限定で、ガス屋の窓口を利用した方が対象の10000円キャッシュバックが実施中です!


すべてのサービスを無料で利用できる上に、10000円キャッシュバックまでもらえるというのは、スゴイですね。


キャンペーン条件

 


  • 料金が1立法メートルあたり従量単価300円以上の方に限ります。
  • ガスコンロ・ガス給湯器の双方をご使用のご家庭に限ります。


キャンペーン期間

 


    2017年12月1日~2017年12月31日

 

 

LPガス(プロパンガス)を最安値で使い方にオススメの無料サービス


>>プロパンガス料金の調査・優良ガス会社への乗り換え手続きまですべて無料!まずはガス屋の窓口へ相談がおすすめ<<