ガス自由化後のガス会社比較なら「ガス屋の窓口」がおすすめ!

ガス自由化!LPガス(プロパンガス)会社比較なら「ガス屋の窓口」がおすすめ!

 

2017年4月から、とうとう都市ガス自由化が開始されましたね!!

 

これまでガス会社を乗り換えたくてもできなかった都市ガス利用者の方々が、これからは自由にガス会社を選べるようになりました!

 

 

ガス屋の窓口,プロパンガス,自由化,比較,都市ガス,LPガス

うちはLPガス(プロパンガス)だから関係ないか・・・

 

 

 

と思っている方!

 

実はLPガス(プロパンガス)はもっと前から自由化されていたって知ってました?

 

 

ガス屋の窓口,プロパンガス,自由化,比較,都市ガス,LPガス

え?そうなの?

 

 

 

実はLPガス(プロパンガス)は、すでに平成9年に自由化されていたんです。

 

ただ、そのことはあまり知られておらず、地域を管轄するガス会社が決まっていて、

今回の都市ガス自由化と同時に、LPガス(プロパンガス)も自由化されたものだと思っている方も多いです。

 

 

そのため、2017年4月の都市ガス自由化以降は、都市ガス利用者だけでなく、LPガス(プロパンガス)利用者にも、ガス会社の乗り換えを検討する方が増えています。

 

 

しかし、LPガス(プロパンガス)会社は、都市ガス会社に比べて情報が少ない上、地域ごとに相場も違ったりで、自分で比較して選ぶのが難しい傾向があります。

 

 

ガス屋の窓口,プロパンガス,自由化,比較,都市ガス,LPガス

ガス会社なんてたくさんあって、素人にはどこが良いのかさっぱり・・・

 

 

と思われている方も多いと思います。

 

 

そこで当サイトでは、プロが地域ごとのガス会社を比較して、各家庭にあった、一番お得なガス会社を紹介してくれるサービスを紹介します!

 

それが「ガス屋の窓口」です!

 

 

ガス屋の窓口なら、ガスに関する知識がなくても、自分の地域でどんなガス会社が使えて、料金はいくらなのか、乗り換えたら何がどう変わるのかなどをすべて代わりに調査してくれます。

 

しかも調査はもちろん、実際に乗り換えの手続きまですべて代行してくれる上、料金は一切かかりません。無料で対応してくれます。

 

 

毎月の料金を安くしたい

 

ガス自由化が気になってはいたけど、難しそうで諦めていた

 

ガス会社がたくさんありすぎて比較するのが面倒

 

 

そんな方は、当サイトを読んで、「ガス自由化」や、プロが無料でLPガス(プロパンガス)会社を比較、優良なガス会社を紹介してくれるサービス「ガスの窓口」について知ってください!

 

 

 

>>公式サイトはこちら<<

 

 

 

そもそもガス自由化ってなに?

 

ガス自由化って言葉は聞いたことがあるけど、実際には何なのかよく分かっていないという方は多いのではないでしょうか?

 

 

まずはガス自由化について、簡単に知っておきましょう。

 

 

端的にいえば、ガス自由化というのは『住居で契約するガス会社を自由に選べるようにした制度』のことです。

 

LPガス(プロパンガス)は1997年にすでに自由化されていて、今回(2017年4月)、都市ガスも自由化されました。

 

 

LPガス(プロパンガス)と都市ガスの比較・違い

 

そうなると、今度はLPガス(プロパンガス)と都市ガスの違いが気になりますよね?

 

主な点の比較は下記のとおりです。

 

 

LPガス(プロパンガス)と都市ガスの比較

 


  都市ガス LPガス
原料 メタン(燃える気体)を主な成分に持つ天然ガス、海外から輸入する液化天然ガス(LNG)が大半を占めます プロパン・ブタンを主成分に持つ液化石油ガス(LPG)。LPGは、大半を海外から輸入しています。
特徴・性質

(1)本来は無色・無臭ですが、ガス漏れ時にすぐに気が付くよう匂いをつけてあります。

 

(2)天然ガスは、マイナス162℃まで冷すと液体になり、体積が600分の1と小さくなります。

(1)本来は無色・無臭ですが、ガス漏れ時にすぐに気が付くよう匂いをつけてあります。

 

(2)マイナス42℃まで冷すと液体になり、体積が250分の1と小さくなります。

 

(3)空気より重いです。

供給方法 道路の下のガス管を通じて供給されます。 LPガスが入ったボンベを事業者が配送します。


引用:都市ガスとLPガスの違い

 

 

都市ガスとLPガス(プロパンガス)を比較すると、プロパンガスの方が高い

 

原料や性質の違いなどもありますが、私たち利用者にとって大事な『料金』につながるのが、供給方法の違いです。

 

 

地中に埋め込まれたガス管を通して各家庭に供給することができる都市ガスは、ガス供給が低コストで済むため安く済みます。

 

一方、LPガス(プロパンガス)は、ガスボンベを人の手で配送する必要があります。

 

そのため、人件費や輸送費がかかる分、利用料金も高くなってしまいます。

 

 

都市ガスとLPガス(プロパンガス)を比べると、プロパンガスの料金の方が高いのはこうした要因もあります。

 

 

ありますが、これだけではありません。

 

実はLPガス(プロパンガス)はとっくに自由化されていたにも関わらず、業者間での暗黙の了解によって、顧客の取り合いがなく、価格競争が起こっていないという現実があるようなのです。

 

悪く言えば、カルテルに近いものがあるにも関わらず、1997年にLPガス(プロパンガス)が自由化されてからの20年以上もの間、その悪習が是正されずに残っています。

 

 

LPガス(プロパンガス)市場の闇は、プロパンガス消費者センターのサイトに詳しく書かれています。

 

一部を引用します。

 


プロパンガス市場はずっと、企業間での競争がない特殊な市場でした。高い単価を維持できるよう、企業同士が顧客の取り合いをしない事を内々に取り決めていたためです。 その結果、プロパンガスの相場価格はずっと高い状態でした。

 

そこで1997年、今まで不透明だったプロパンガスの価格を明確化するよう法改正が行われました。 しかし、多くの消費者はこの事実を知りません。それをいい事に一部のプロパンガス会社はより多くの利益を得るために、または経営悪化を補うために、普通の市場では考えられない値上げを行いました。 その結果、もともと企業同士の競争がなく高かった相場価格がさらに高くなっていったのです。


引用:プロパンガス消費者センター

 

企業間での競争がない上に、自由化が行われた1997年以降にさらに値上げをする企業までいたようです。

 

 

その結果、現在ではなんと、下記のように都市ガスと比べた時の毎月料金が5000円も高くなってしまうこともあるそうです。

 

ガス屋の窓口,プロパンガス,自由化,比較,都市ガス,LPガス

引用:プロパンガス消費者センター

 

 

ほとんどの方はこうした現実を知らないままLPガス(プロパンガス)を使っています。

 

 

都市ガスよりも高いのに、LPガス(プロパンガス)を使わないといけない理由

 

上で説明したような、LPガス(プロパンガス)の問題点を知っている方は少ないです。

 

しかしそれにしても、料金を比較すると都市ガスの方が安いのに、なぜLPガス(プロパンガス)を使っている方がたくさんいるのでしょうか?

 

 

答えは、都市ガスを供給するためのガス管が通っていない地域があるからです。

 

 

先ほど触れたとおり、都市ガスは地中のガス管を通して各家庭に供給します。

 

しかし、ガス管は日本全国どこでも通っているというわけではなく、まだ行き届いていない地域もあります。

 

そうした地域では、都市ガスを使うことができないため、ガスボンベが配送できればどこでも使えるLPガス(プロパンガス)を使う必要があります。(もしくはオール電化住宅であればガス要らずになります)

 

 

また、ガス管が自宅の近くを通っている場合でも、都市ガスの引き込み費用が高いため、あえてLPガス(プロパンガス)を契約する方も少なくありません。

 

これもまた、都市ガスとLPガス(プロパンガス)の違いの1つですが、初期費用を比較すると、都市ガスの方が圧倒的に高いです。

 

都市ガスとLPガス(プロパンガス)の初期費用比較

 


  初期費用
都市ガス

10万円~30万円程度
(ガス管から自宅までの距離による)

プロパンガス

0円
ただし実は毎月の料金の中に含まれている

 

上記のように、都市ガスの場合は10万円~30万円もの費用を最初に一括で支払う必要があります。

 

プロパンガスより毎月の料金が安いとはいえ、初期費用が高すぎるため、初期費用を一括で支払うのが厳しい場合などは、都市ガスが利用できる地域内であっても、LPガス(プロパンガス)を選ぶ方もいます。

 

 

ですが、実はLPガス(プロパンガス)の初期費用は0なのではなく、毎月の料金の中に含まれています。

 

しかも、その初期費用分の料金には、明確な決まりがあるわけではなく、LPガス(プロパンガス)会社ごとの概算額なので、適正価格よりも多く取られてしまうこともあったり、

そもそも初期費用分の支払が終わったとしても、それ以降の料金が安くなるということもないため、長く使う程にLPガス(プロパンガス)の方が高上りになってしまいます。

 

 

適正価格で使えれば、LPガス(プロパンガス)は便利なもの

 

ここまでの話を総合すると、LPガス(プロパンガス)は良いとこなし!と思ってしまいそうですが、

本来はガス管が通っておらず、都市ガスが使えない地域でも使える便利なものがLPガス(プロパンガス)です。

 

適正価格で使うことができれば、都市ガスに近い料金で、しかも都市ガスが使えない地域でもガスが使える便利なものです。

 

 

ただ適正価格で使うためには、LPガス(プロパンガス)会社と価格交渉をする必要があり、それが一般の利用者ではなかなか難しいのが実際です。

 

交渉の末、値下げしてもらえたのは良いけれど、しばらくしたら色々と理由をつけてまた値上げされたという事例もあるそうです。

 

 

そこで頼れるのが、プロが行うガス会社変更の代行サービスです。

 

当サイトでおすすめするプロパンガス会社変更の代行サービスは、「ガス屋の窓口」というサービスです。

 

ガス会社変更実績No.1のサービスで、何よりもメリットが大きいのが、相談から実際にガス会社を変更するところまで、すべて無料ということです。

 

 

ここからは、「ガス屋の窓口」のサービス内容について詳しく解説していきます!

 

現在LPガス(プロパンガス)を利用している方は、現在よりも大幅に料金を安くできる可能性が十二分にありますので、ぜひこの先を読み進めて、「ガス屋の窓口」のサービス内容を知ってください!

 

 

ガス屋の窓口とは?

 

ガス屋の窓口,プロパンガス,自由化,比較,都市ガス,LPガス

 

 

株式会社エネジスタが運営している、LPガス(プロパンガス)会社を案内~実際にガス会社の乗り換え手続きまでをすべて代行してくれるサービスが「ガス屋の窓口」です。

 

 

運営会社の株式会社エネジスタは、東京都港区に本社、静岡県浜松市に中部支社を置く、プロパンガス取扱業専門の会社です。

 

一般利用者には分かりづらいLPガス(プロパンガス)業界の仕組みを知るプロとして、多くのLPガス(プロパンガス)会社と提携し、

私達たちのようなLPガス(プロパンガス)を使う利用者と、その地域で使えるLPガス(プロパンガス)会社を「適正価格で」結びつけることをミッションとして、株式会社エネジスタが始めたサービスが「ガス屋の窓口」です。

 

 

 

 

ガス屋の窓口のメリット

 

ガス屋の窓口のメリット① 相談からガス会社変更手続きまですべてを代行してくれる

 

LPガス(プロパンガス)会社を変更するには、現在の利用料金と他社料金を調べて比較し、サービス内容もしっかりと把握する必要がありますし、乗り換えを決めても解約前の引き留めにあったりと、かなり面倒なことが多いのが現実です。

 

ガス自由化されていて、利用者がガス会社を自由に選べるようになっているにも関わらず、なんでこんなに面倒くさいのかと思ってしまうようなことが多々あります。

 

 

「ガス屋の窓口」では、手間がかかる作業をすべて代行してくれます。

 

具体的には、

 

  • 現在のLPガス(プロパンガス)料金が高いか安いかを診断
  • 地域ごとの適正料金と現在の料金を比較
  • 適正価格で提供している優良なガス会社を紹介、条件交渉
  • 乗り換えが決まった際は利用中のガス会社の解約手続き
  • 乗り換え後にも不当な値上げがされることがないよう、「永久料金監視保証」と「1年間の返金保証」

 

など、これらを私たち利用者にかわって代行してくれます。

 

 

ガス屋の窓口のメリット② 相談からガス会社変更手続きまですべて無料

 

ガス屋の窓口は、すべて無料で利用できます。

 

私たち利用者が乗り換えた先のLPガス(プロパンガス)会社からガス屋の窓口に支払われるインセンティブが、ガス屋の窓口に入る利益になるため、相談から実際の変更手続きの代行に至るまですべてのサービスが無料で受けられます。

 

 

ガス屋の窓口のメリット③ ガス会社乗り換え後のアフターフォローも万全

 

メリット①で挙げた、「ガス屋の窓口」が代行してくれるサービスの中でも、特に「ガス屋の窓口」だけのメリットとも言えるのが、ガス会社乗り換え後のアフターフォロー(「永久料金監視保証」と「1年間の返金保証」)です。

 

 

他のガス会社仲介サービスの場合、乗り換え直後は安いものの、その数か月から1年程度で値上げされ、結局乗り換え前の料金と変わらなくなってしまったというケースもあります。

 

その点、ガス屋の窓口では「永久料金監視保証」でずーっと不当値上げがされないかを監視、もしされた場合はガス屋の窓口がガス会社と交渉してくれる上、もしそれでも値上げが行われる場合は、その時点での地域最安値のガス会社への乗り換え手続きを代行してくれます。

 

さらに、不当値上げではなく、原油価格の高騰や急激なインフレなどの正当な理由による値上げであっても、「1年間の返金保証」がついています。

 

 

料金保証で安心!最適なガス会社の提案はこちら

 

 

ガス屋の窓口のメリット④ 独自のイエローカード制度によって選別された優良ガス会社のみを紹介してくれる

 

ガス会社の中には、不当な値上げを行ったりする悪質な業者もいます。

 

「ガス屋の窓口」では、一定以上のサービス水準を満たし、さらに不当な値上げを行わないことに賛同したガス会社のみを選別し、紹介してくれます。

 

素人目にはわからないLPガス(プロパンガス)会社の良し悪しを、プロの目で選別した優良ガス会社のみを紹介してくれるのが、「ガス屋の窓口」を利用する大きなメリットです。

 

 

プロが選んだ優良ガス会社をご案内【ガス屋の窓口】

 

 

ガス屋の窓口のメリット⑤ 地域最安値のガス料金を案内してくれる

 

LPガス(プロパンガス)の利用料金は、地域ごとに相場も違えば、最安値も違います。

 

それどころか、同じガス会社を使っているのに、隣家と料金が違うということさえあります。

 

 

「ガス屋の窓口」のメリットは、提携している優良ガス会社が多数あり、その中から地域最安値の料金を案内してくれることです。

 

地域の最安値であっても、適正価格よりも高いのでは意味がないですが、ガス屋の窓口は適正価格も同時に案内してくれますので、納得してガス会社を乗り換えることができます。

 

 

ガス屋の窓口のメリット⑥ 住居形態(戸建て・集合住宅)、持ち家、物件のオーナー、店舗など様々な住居に対応

 

「ガス屋の窓口」は、持ち家の場合はもちろん、賃貸住宅のオーナーや、店舗の経営者など、様々な方が利用できます。

 

賃貸物件の場合など、オーナーが色々なガス会社に交渉するのは大変ですが、ガス屋の窓口に一任すれば無料で最安値のガス会社が見つかります。

 

 

 

ガス屋の窓口のデメリット

 

ガス屋の窓口のデメリット① 対象エリアが限られている

 

ガス屋の窓口の唯一のデメリットといえるのが、対象エリアが限られていることです。

 

ガス屋の窓口の対象エリア

 


関東・甲信越エリア 茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・東京都・神奈川県・千葉県・山梨県
東海エリア 静岡県・愛知県・岐阜県・三重県
九州・東北エリア 福岡県・宮城県

 

上記エリア以外は、残念ながら「ガス屋の窓口」の対象エリア外となってしまいます。

 

 

「ガス屋の窓口」を実際に利用した方の口コミ・評判

 

ガス屋の窓口利用者の口コミ・評判① ガス会社を変えただけで4500円も安くなって驚き!

 

ガス屋の窓口,プロパンガス,自由化,比較,都市ガス,LPガス

 

LPガス(プロパンガス)利用者の中には、地域ごとにガス会社が決まっていて、乗り換えできないと思っている方も多いようです。

 

ガス会社を乗り換えただけで、年間50000円以上も安くなったという驚きの声もあがっています。

 

 

ガス屋の窓口利用者の口コミ・評判② 解約手続きも全部代行してくれるからカンタン

 

ガス屋の窓口,プロパンガス,自由化,比較,都市ガス,LPガス

 

自分で手続きする場合、解約するのもなかなか大変だったりします。

 

中には、電話で解約の意向を伝えたのに、業者が手続きをしてくれなかったという体験談もありました。

 

ガス屋の窓口では、利用中のLPガス(プロパンガス)会社の解約手続きもすべて代行してくれるため、私たち利用者側の手間がまったくありません。

 

 

ガス屋の窓口利用者の口コミ・評判③ 料金保証があるから乗り換え後も安心

 

ガス屋の窓口,プロパンガス,自由化,比較,都市ガス,LPガス

 

乗り換え直後は安い料金だったけれど、数か月もしないうちに値上がりするような悪質なガス会社もあります。

 

ガス屋の窓口では、独自のイエローカード制度で選別した優良ガス会社だけを紹介してくれる上、料金保証もあるため安心して利用できます。

 

 

ガス屋の窓口利用者の口コミ・評判④ 他社で断られたけどガス屋の窓口で対応してくれた

 

ガス屋の窓口,プロパンガス,自由化,比較,都市ガス,LPガス

 

他のガス会社比較サービスで断られた方も、ガス屋の窓口を使って乗り換えできています。

 

 

ガス屋の窓口利用者の口コミ・評判⑤ 利用中のガス会社と貸与契約があっても乗り換えられた

 

ガス屋の窓口,プロパンガス,自由化,比較,都市ガス,LPガス

 

無償貸与契約」という、LPガス(プロパンガス)の独自制度を理由に、ガス会社から解約を拒否されることもあるようです。

 

しかし無償貸与契約を締結するには、本来は契約時にしっかりと内容の説明を行う必要がありますが、実際にはきちんと説明をしていないガス会社も多いです。

 

ガス屋の窓口では、ガス会社との交渉もすべて代行してくれるため、契約内容に不安のある方でも安心して利用できます。

 

 

 

ガス屋の窓口を利用してLPガス(プロパンガス)会社を乗り換える手順

 

ガス屋の窓口,プロパンガス,自由化,比較,都市ガス,LPガス

 

 

①まずは「ガス屋の窓口」のホームページへアクセスします。 ⇒ ガス屋の窓口ホームページはこちら

 

 

②ページ下部の「お問い合わせフォーム」にお名前・電話番号・住所を入力して送信します

 

 

③ガス屋の窓口から折り返し連絡があり、現在の料金について等のヒアリングがあります。また、相談したいことがあればなんでも訊いてみましょう。

 

 

④ガス屋の窓口の調査員が、自宅に伺って設備点検や設置スペースの確認などを行います

 

 

⑤相談内容、自宅での調査結果を基に、最適なLPガス(プロパンガス)会社を判断し、乗り換え手続きを進めてくれます。乗り換え先への手続と共に、利用中のガス会社への解約手続きも取ってくれます。

 

 

⑥実際に乗り換えが完了した後も、「永久料金監視保証」と「1年間の返金保証」でアフターフォローも万全です

 

 

「ガス屋の窓口」期間限定の特典 10000円キャッシュバックキャンペーン実施中

 

当キャンペーンは終了しました

 

 

期間限定で、ガス屋の窓口を利用した方が対象の10000円キャッシュバックが実施中です!

 

すべてのサービスを無料で利用できる上に、10000円キャッシュバックまでもらえるというのは、スゴイですね。

 

キャンペーン条件

 


  • 料金が1立法メートルあたり従量単価300円以上の方に限ります。
  • ガスコンロ・ガス給湯器の双方をご使用のご家庭に限ります。

 

 

キャンペーン期間

 


    平成29年5月1日~平成29年5月31日

 

 

 

>>1万円キャッシュバックつきでガス屋の窓口に無料相談する<<